見直しをする時期

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険は見直しが必要な時期があります。生きるうえで生活の状況は都度変化をするもので、その変化に合わせて必要な保障を付帯させた保険に加入をすることで安心した生活を送ることができるのです。

基本的に保険の見直しをする時期は、ライフステージが変化した時期です。例えば大学を卒業して社会人となる時期、社会人として働く中で結婚が決まった時期、子どもが出来た時期、子どもが巣立った時期など、生活の節目節目に現在の保険内容を見直しいらない保障を切り捨て、必要な保障を付帯させることで生活の安定を得ることが出来ます。

まず社会人として世間に羽ばたく時期、必要な保障は医療保障と死亡保障です。医療保障は日額5千円?1万円程度あれば充分でしょう。死亡保障もそんなに多くなく、亡くなってしまった後自分の住居を整理するのに必要なだけの金額があれば充分です。具体的には賃貸なら家財道具や家を退去するのに必要な分のお金、自動車などのローンがあればその支払いを満了できるだけのお金、そして葬儀代金が賄えればOKです。

結婚が決まり、子どもが出来たら、死亡保障は残された家族のために充分な額を設定しなければなりません。それにあわせて病気や怪我などで働けなくなったときのための、所得保障保険があればなお安心ですね。

子どもが巣立ち、夫婦二人になったら。そうなると子どもが幼いとき程の死亡保障は必要ありません。その分今後病気にかかる可能性、介護が発生する可能性を考えて介護保険や手厚い医療保障を検討するといいですね。

ページの先頭へ