生命保険はこう選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険には定期保険と終身保険がある

生命保険を選ぶ中でなんとなく加入しておかなければならないような気がしてしまう、この二つの保険。今回は定期保険と終身保険について説明をしていこうと思います。

定期保険とは保障期間があらかじめ定められており、契約更新せず解約となった場合返戻金のないいわゆる掛け捨てタイプの保険です。保険加入期間中に満期を待たず解約となった場合は、返戻金の支払いを受けることもありますが、基本的に支払った保険料よりも返戻金は少なくなります。その代わり毎月の保険料は非常にリーズナブルで、満期時の支払いや返戻金をなくす代わりに安価で十分な保障が欲しい、という方に向いている保険です。

終身保険とは保障が一生涯続く保険のことです。払い込み期間は60歳まで、や65歳までと決められているもの、そして払い込みも契約終了まで続くものがあり、前者の場合は老後の手厚い保障をキープしたい、という方にぴったりです。対して払い込みも契約終了まで続くタイプは、定年退職を迎えたその後もずっと支払いの必要がありますので、老後も無理のない金額かを契約時に考えなくてはなりません。

また終身保険には貯蓄性がある製品が多く、返戻金の利率によっては今まで支払った保険料よりも多くの返戻金を受け取ることが出来るものもあります。なので保障がついた貯蓄と考えて利用をする方も多いです。その代わりに注意すべき点として、貯蓄として利用し戻り率が高くなった時点で解約をすることで充分なお金を得ることができますが、その後は保障がなくなる、という点があります。

ページの先頭へ