医療保険とがん保険はこう選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険とがん保険

病気になった際に必要となる、治療費。入院費やその間の食費、個室を利用するのなら差額ベッド代、治療にかかる手術費等の医療費など様々な項目があり、どれくらいかかるのか健康な体の方には想像することは難しいでしょう。今回は医慮保険と、がん保険、この2つについてご説明していきますね。

まず医療保険。医療保険とはその名の通り、病気や怪我を治療する際にかかる医療費をカバーするための保険です。医療保険というと基本的には医療を行った際に給付されるものですから、死亡保障は付帯されていません。死亡保障が必要な方は死亡保険に医療保険特約を付帯させる、というのが一般的な方法です。給付金の種類は大きく分けて2つ、入院給付金と手術給付金です。製品によっては通院も対象となるものもありますし、女性疾病特約や先進医療特約など様々な特約を付帯させることが出来ますので、自分に必要なものを見分けて選びましょう。

つぎにがん保険。がんは他の疾病よりも治療に長く時間がかかるのが特徴です。そのため一般の医療保険ではかかる医療費を全て賄うことが難しく、がん専用の保険が誕生したのです。がん保険は大きく分けて3種類、がんと診断されたときに給付される診断一時金、がんで入院する際に給付されるがん入院給付金、がん治療のために手術を行う際に給付されるがん手術給付金です。医療保険と同様に、がん保険にも先進医療特約などの特約を付帯させることができます。親戚や近いご家族にがんを患ったことがある方がいる場合、保障の充実を考えてみるといいでしょう

ページの先頭へ